職種と勤続年数の要素

カードローンの申込み条件に、パートやアルバイト不可と明記されているものもありますが、消費者金融などでは比較的柔軟に対応しています。ただし、高額の融資を求めると審査に通らなくなるので、注意が必要です。収入に見合った希望額であり、安定した収入があるとみなされれば、審査に通る可能性は十分にあります。

 

アルバイトの他にも、契約社員や正社員、公務員や自営業者もいます。これらの中でアルバイトが一番審査に厳しいと思うかもしれませんが、実はそうともかぎりません。これらの中では、自営業者の方が、審査が厳しい可能性もあるのです。

 

自営業者は収入も大きくなりそうですが、収入がなくなる可能性もまた高いので、安定性では不利に働きます。フリーターであっても、年齢も若く、長年働いているならば、その方が安定していると判断されるケースもあります。

 

勤続年数は長い方が有利ですが、短いからと申込みを断られるわけではありません。1年以上働いていれば十分安定して収入を得ていると考えられます。銀行などのカードローンの中には、勤続年数や年収の条件が明記されている厳しいものもあります。

 

消費者金融であれば、それ程厳しい条件はないので、アルバイトでも申込みがしやすいです。銀行だとそうもいかないので、金利に優れているとは言っても短い勤続年数でオリックス銀行カードローンで借りるための審査を受けるなどの無謀なことはしないようにしてください。