フリーターだけどカードローンを契約したい方のために

フリーターだけどカードローンを契約したい方のために

アルバイトとカードローン

アルバイトで生計を立てているフリーターでも、カードローンの申込みは可能です。カードローン申込みのポイントは審査ですが、審査で重要視される項目の1つが、収入があるかどうかです。アルバイトであっても、収入があるならば、カードローンの申込みは可能であり、実際にカードローンを契約しているフリーターもたくさんいます。

 

病気やケガで長期の休みが入ってしまった時など、フリーターならではのお金のトラブルについても、カードローンを契約しておけば頼りになります。いざという時のために契約だけしておいて、いつでも借入れできるようにしておく人もいます。例えば緊急でお金が必要になる原因が、病気やけがであれば、契約できない状態である可能性も考えられます。

 

収入が安定していないアルバイトだからこそ、いざという時の備えとしてカードローンを契約しておくのは、有効な手段かもしれません。クレジットカードなどと違い、維持費や年会費がかからないのも。カードローンのメリットの1つです。

 

 

アルバイトで借りられるのか

カードローンの申込みはアルバイトでも可能です。もちろん審査に落ちれば契約は結べませんが、それは正社員でも同じです。

 

カードローンの申込み条件として、安定した収入がある点はほぼ共通しています。カードローン会社のほとんどで、アルバイトやパートの給与も安定した収入とみなしています。安定しているというのは、毎月ある程度の収入が入ってくる状態です。

 

その際、金額が少ないと無理かなと心配する人もいますが、問題ありません。安定した収入というのは、金額によるものではなく、長期的に働いて得られる収入かどうかなのです。

 

アルバイトであっても、1日限りなどの短期アルバイトであれば、安定した収入とは言えません。ただし、長期の雇用契約である必要はありません。例えば半年間で辞める予定だとしても、そこまで細かく申告する必要もありません。

 

細かく申告する必要はありませんが、申し込み時に辻褄の合わない点があれば審査で不利になります。特に大手の消費者金融や銀行カードローンの審査の場合には厳しく見られますので、有名な消費者金融となるモビットの即日審査を受ける場合などには十分に注意をしてください。

 

フリーター特有の注意点について

アルバイトで生計を立てていても、お小遣い程度に働いている人でも、カードローンの申込みは可能です。ただし、正社員と比べて、全く同じ条件とはいかない点には注意が必要です。フリーターがカードローンを申込む時に、まず抑えておくべきポイントは申込み金額です。

 

カードローンの審査では、収入が多い方が有利なのはもちろんですが、それよりも重要なのは、収入に見合った申込み金額かどうかです。収入が少ないフリーターの場合には、申込み金額は必要最低額で申告した方が、審査に通りやすくなります。

 

とはいえ、初めてのカードローンの申込みでは、いくらが少なめな金額なのかの判断が難しいかもしれません。フリーターの場合、限度額は10万円~30万円で、少な目に申込みするとよいでしょう。

 

もう1つのポイントが、カードローン選びです。これはフリーターに限った話ではないのですが、カードローンは審査に通らなければ1円も借りられません。そのため、審査に通るかどうかは非常に重要です。収入の少ないフリーターの場合には、尚更審査に通るかどうかをよく考えてカードローンを選ばなくてはいけません。

 

カードローンの審査基準は公表されていないので、絶対に審査に通るカードローンというのは判別できません。それでも、フリーターがカードローンを申込むならば、消費者金融がねらい目です。カードローンの申込み先として、金利の低い銀行を選ぶ人もいますが、金利が低い程審査も厳しくなります。

 

特にフリーターの場合には、限度額が少ない分、金利によって返済額に大きな差が出ません。金利差によるデメリットが少ない分、審査の通過率を重要視して、消費者金融を選ぶとよいでしょう。

 

消費者金融の中でもプロミスは安定した収入があればアルバイトの方でも借りられると評判なので、お金に困ったときにはプロミスの最短即日融資の利用を検討してください。